<ウーバンアビーという店名の由来>

時は19世紀初頭のイギリス。「アンナ・マリア」という一人の貴婦人が「アフタヌーンティー」の習慣を始めました。もともとはアンナ・マリアの空腹を紛らわすために始められたと言われていますが、時を経るにつれ、洋食器や銀器などの調度品をしつらえ、おいしい紅茶や食べ物を楽しみながら交流を深める「貴婦人の社交の場」として発展していきました。

この習慣は評判となり、それは当時のヴィクトリア女王の耳にまで届いたほど。ヴィクトリア女王はアンナ・マリアのお屋敷をわざわざ訪れてアフタヌーンティーを楽しんだのです。

このお屋敷の名前は「ウーバンアビー」。

アンナ・マリアがこの場所で大切なゲストと楽しんだ豊かな時間を一人でも多くの方に体験していただきたい、そんな願いをこめてお店を「ウーバンアビー」と名付けました。

 

<私たちが目指すこと>

ウーバンアビーは、洋食器の背後に流れる貴婦人たちの物語やプロダクト秘話、ヨーロッパの歴史や文化までもあわせて食器を提案することで、「いいものを長く楽しむ、上質な暮らし」のお手伝いをします。

私たちの3つのお約束

  1. 価値あるブランド洋食器は、長く使えるクオリティや飽きのこないデザインが工夫されているだけでなく、その背景にはあなたの共感を呼び起こす素敵な「ストーリー」があります。食器とあわせてその「ストーリー」もお届けすることで、愛着をもって長く使っていただけるお手伝いをします。
  2. 価値のある品だからと言って、高くては意味がありません。私たちは、オンラインショップの長所を生かして、店舗や人員にかけるコストを最大限に削減し、お客さまへ還元します。また、「買ってはみたものの、翌日からセールで値下げされていてがっかり」ということなく、1年中いつでも安心して適正な価格でお買い求めいただけるように、セールは行いません。
  3. 中古品になっても価値が色あせない「新品のブランド洋食器」、年を重ねるごとに希少価値が高まる「ヴィンテージ食器」を厳選してお届けします。将来的には「親から子へ受け継ぐ」「使わなくなったものをフリーマーケットなどでご縁のある方に譲る」など、長い目でみて「賢いお買い物」となるものをご提案します。

ブランド洋食器は、あなた自身に「心地よい」「うれしい」などの心の豊かさを与えてくれるだけでなく、あなたの大切な方を「もてなす喜び」も感じさせてくれます。そして、いいものを長く大切に使うことは、使い捨て文化をやめ、持続可能な社会を作ることにもつながります。

「いいものを長く楽しむ」こと、それは自分にとって「心地よい」だけでなく、周りの人も、社会も、「みんなが幸せになるアクション」だと私たちは考えます。

「いいものを長く楽しむ、上質な暮らし」、私たちと一緒に始めてみませんか?

 

代表取締役社長 

代表プロフィール